お知らせ

10月13日、青い鳥文庫『エトワール!3 眠れる森のバレリーナ』が発売されました。

Oct. 14, 2017

etoile_03わたしの書いた小説『エトワール!3 眠れる森のバレリーナ』(講談社青い鳥文庫)が発売されました。有村バレエスクールで大好きなバレエのレッスンに励む主人公・森原めいは、はじめてのバレエコンクールで、名作バレエ「眠れる森の美女」の中の「フロリナ王女のヴァリエーション」を踊ることに。そんな中、サッカー少女の妹のジュンがバレエを始めることになり……六年生になっためいが、バレエの楽しさや難しさに直面しながら成長していく物語です。現在、シリーズ第四巻の前半部分が中日こどもウィークリーほか五紙に好評連載中の「エトワール!」、ぜひ読んでみてくださいね。

>>青い鳥文庫|エトワール! シリーズ
>>青い鳥文庫|エトワール!(3) ―眠れる森のバレリーナ―
>>amazon『エトワール!3 眠れる森のバレリーナ』(講談社青い鳥文庫)

9月30日から、「エトワール!」新聞連載がスタートしました

Sep. 30, 2017

本格バレエ物語「エトワール!」の新聞連載が、中日こどもウィークリーほか数紙でスタートしました。掲載は毎週土曜日、9月30日(土)~3月24日、全26回です。新聞連載では、「エトワール!」シリーズ第四巻『エトワール!4 白雪姫と小人たち』の前半部分が、来年四月の発売に先駆けて読めることになります。来月発売される『エトワール!3 眠れる森のバレリーナ』とともに、ぜひ読んでいただけたられしいです。

>>青い鳥文庫|「エトワール!」こども新聞各紙で連載!
>>青い鳥文庫|エトワール! シリーズ
>>中日こどもウィークリー

5月13日、青い鳥文庫『エトワール!2 羽ばたけ! 四羽の白鳥』が発売されました。

May. 13, 2017

etoile_02

本格バレエ物語「エトワール!」シリーズ第二巻『エトワール!2 羽ばたけ! 四羽の白鳥』が講談社青い鳥文庫より発売されました。バレエが大好きな小学五年生の森原めいは、春のバレエフェスティバルで名作バレエ「白鳥の湖」の中の有名な踊り「四羽の白鳥」を踊ることに。有村バレエスクールの同級生、南、梨央、杏樹と四人で、「四羽の白鳥」のレッスンに一生懸命取り組むめい。そんな中、南が中学受験勉強のためフェスティバルには出られないと言い出して・・・めいたちの「四羽の白鳥」の行方は!? 去年10月に発売した『エトワール!1 くるみ割り人形の夢』につづく、シリーズ第二巻。現在は、シリーズ第三巻を執筆中です。書店で、青い鳥文庫の棚を見つけたら、ぜひ「エトワール!」を手に取ってみてくださいね。

>>青い鳥文庫|エトワール! シリーズ
>>青い鳥文庫|エトワール!(2) ―羽ばたけ! 四羽の白鳥―
>>amazon『エトワール!2 羽ばたけ! 四羽の白鳥』(講談社青い鳥文庫)

10月10日、青い鳥文庫『エトワール!1 くるみ割り人形の夢』が発売されました。

Nov. 10, 2016

etoile本格バレエ物語『エトワール!1 くるみ割り人形の夢』が講談社青い鳥文庫より発売されました。
有村バレエスクールでレッスンにはげむ小学五年生の森原めい。今年の発表会はバレエの名作「くるみ割り人形」全幕を上演することが決まって、主役・クララのオーディションに挑戦することに。手ごわいライバルも登場して、主役の座はいったい誰に・・・?

バレエ小説は、2012年に発売した『海と真珠』(ハルキ文庫)につづいて二作目になります。今回は児童文学という初めてのジャンルに挑戦しました。1980年の創刊以来、小中学生に圧倒的な支持を得ている青い鳥文庫に「エトワール!」シリーズが仲間入りできることを、とても嬉しく思っています。来年五月には、シリーズ第二作も発売予定。書店で、青い鳥文庫の棚を見つけたら、ぜひ「エトワール!」を探してみてくださいね。

>>青い鳥文庫|エトワール! シリーズ
>>青い鳥文庫|エトワール!(1) ―くるみ割り人形の夢―
>>amazon『エトワール!1 くるみ割り人形の夢』(講談社青い鳥文庫)

9月6日、短編小説集『幸せの値段』が、小学館文庫より発売されました。

Sep. 06, 2016

shiawase_no_nedan幸せになるために必要なのは、愛か、お金か・・・? そんな普遍的なテーマを描いた小説8篇を収録した短編集『幸せの値段』が、小学館文庫より発売されました。2011年から2012年にかけて、「ダイヤモンドマネー」「ダイヤモンドザイ」に連載していた五篇に、書き下ろし三篇を加えて、一冊の本になりました。ごくふつうの主婦や女子高生、キャリアウーマン、多忙なビジネスマンやAD、セレブな夫婦など、さまざまな境遇の主人公たちが、春夏秋冬の情景とともに、「愛と幸せとお金」の間で揺れ動く心情を描いています。渡辺達生さんによる猫の写真の表紙が目印の新刊、ぜひ書店で手に取って、読んでいただけたら嬉しいです。
>>小学館文庫『幸せの値段』
>>amazon『幸せの値段』(小学館文庫)

page top